辿り着く本質は「みんな同じ」

 

時々ですね…

数秘術の計算の仕方とか、性質の名称についてとか、

タロットの混ぜ方とか(シャッフル・カット・逆位置を採用するか?捨て札を取るのか?など)

 

聞かれることがありますが

基本的には「ご自分の信じているやり方でいい」と思います。

 

ご自分の中で基軸となるものを身に着けて、それを貫くのも1つの考え方ですね。

基軸となる方法を身に着けた後で他の方法と出会い、新しい方法を採用することも良いと思います。

 

占いは長い時間の経過と共に発展したり、解釈が広がったり、流派が色々あったりします。

始める際は「どれが良いんだろう?」と迷うのは、きっと多くの方が経験するかも知れませんね。

 

 

その上でご自分が身に着けた方法を信じながら、他の方法に出会った時に

「この方(先生・本)は、こう解釈されるんだ」と柔軟に受け入れられると良いんじゃないかと思います。

 

違う方法や解釈に出会うのは、自分の視野が拡がりますし結構面白いですよ。

 

 

 

1番大切なことは

占う側がどんな心持ちで、自分と相手に向き合うかだと思います。

 

それはとてもシンプルです。

 

例え方法が違っていても 辿り着く本質はきっと「みんな同じ」なんですよ

 

 

 

鑑定やお問い合わせなどは こちらです