今日、改めて自分に誓います

 

2011年の3月11日に地元が津波の被災地になって8年目となりました。

 

私は当時、御茶ノ水から自宅までの帰宅難民になり自宅の食器などが割れていましたが、

甚大な被災は経験していません。

  

 

どんなジャンルのことでもそうですが、当事者が経験を語ることは大きな意義があると思っております。

 

戦争経験者や震災経験者が今後の平和や教訓のために経験を語るように

 

何かの病気や障害や立場の方が社会的認識を広めようとするように

 

私も自分が体験したことを これからも社会に還元していくことでしょう

 

 

語るのも自由 語らないのも自由

 

わたしはただ「語ることを選んだ多くの当事者の中の一人でしかない」のです。

 

最近そう、切に思います。

 

 

 

 

震災は「児童虐待を世の中に公表しようと決めた」2つの理由の1つでもあります。 

 

 

 

 

 

あなたの人生の真実を紐解きたい方は こちら