初めまして 聞こえない占い師しおりんと申します

数秘術・タロットと心理カウンセリングを使って鑑定をしております

数秘術とは

 

数秘術はギリシア時代のピタゴラスが祖と言われております。

数字を森羅万象つまり宇宙に存在するあらゆるものとみなし、そこから様々な意味を読み取るものが数秘術です。

 ピタゴラスの学問は後にプラトンに引き継がれ、その後ユダヤ教のカバラの書物により解釈が広がりました。

 

 「カバラ」は様々な叡智・神秘を紐解く鍵として多大な影響を与えています。 

タロットカードの概念にあるのもカバラですのでタロットと数秘術の相性はとても良いのです。

 

古代使用されていたヘブライ文字は数字の役割も果たしていました。

ですからお名前を数字に変換するのも、とても自然なことです。

 

西暦の生年月日が必要な理由は

現在使用されているグレゴリオ歴は「カバラ」の原理に基づいているからです。

  

数秘術が広く一般にも知られるようになったのは、ルネッサンス期に入ってからになります。 

現代の数秘術は過去の歴史の流れを汲みながら独自のアレンジがなされています。   

 

数秘術とは「古代から脈々と受け継がれてきた膨大な人類の統計学」とも言えることでしょう。

数字とその奥にある深い意味を読み取る学問体系です。

 

国籍を超えて今も多くの人に愛されている数秘術で「 あなたもご自分の人生の計画書を知ってみませんか?」

 


ナディン・バーク・ハリス「いかに子供時代のトラウマが生涯に渡る健康に影響を与えるのか」TED

 

以前、児童虐待とは全く関係のない記事を書かれている方のブログで拝見したTEDを紹介します。

 

小児科医のナディン・バーク・ハリスさんの「いかに子供時代のトラウマが生涯に渡る健康に影響を与えるのか」という内容です

(Yニュースをリンクしました)

 

子供時代のトラウマが脳や身体機能や寿命にどのように影響を与えるかという内容です。

医学的見地と客観的な分析・広い視野からの問題提起は胸の内に迫りくるものがありました。

 

そして自分の残りの人生を有効に大切に全うしたいと思いました。

 

 

 

トラウマは児童虐待も含めた「小児期の逆境体験」とされています。

該当するのは…身体的 感情的なもの また性的虐待 身体的 精神的なネグレクト 親の精神疾患 薬物依存 投獄 

親の別居や離婚 家庭内暴力などとされています。

 

オリジナルな研究では70%の白人で高等教育を受けた方を対象にしています。

 

 

~以下、一部引用~

 

「この部屋の中でさえこの事は私たちの内に多くの影響をあたえています。

私は この問題が過小評価されているのは 自分たちのことだからなのだ と思うようになりました。

他の地区のことであれば簡単に分かるのかも知れません。

自分達の真の問題を見るぐらいなら放置して病気になっても構わないのかも知れません

 

幸運にも科学の進歩と率直に言って経済的な事実が事実から目をそらすことを困難にします

科学は明快です。

幼い頃のトラウマは生涯に渡って健康に影響を与えます」

 

 

【略】

 

「これは治療することができるのです。

今日もっとも大切なことはこの問題を間近で見つめる勇気です。

そしてこれは本物で私たち皆の問題と認めることです。

私たちがうねりを起こせると信じています。

ありがとうございました。」 拍手

 

 

本日14時~17時受付で献血ルーム鑑定です

 

皆さん「こんにちは」筆談占い師しおりんです。

今日は14時~17時受付で献血ルーム鑑定に伺います。

 

前回の鑑定では…

 

・入って来た瞬間の表情が暗かった方が鑑定中に笑い出して、晴れやかな表情で帰られたのが印象的でした。

 

・「また来ました」とおっしゃった方がいました。

言わないのもアリですが、言ってくださると「お伺いしていて良かったなぁ」と思います。

 

・「良い生き方をされて来たなぁ」と思う方がいました。

 

・ご自分の才能に「気づかなかった」と笑いながらおっしゃる方がいました。

 

 

image

 

本日もご縁のある皆さまとの出会いを楽しみにしております照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

個人鑑定のご依頼は こちら

 

今日、改めて自分に誓います

 

2011年の3月11日に地元が津波の被災地になって8年目となりました。

 

私は当時、御茶ノ水から自宅までの帰宅難民になり自宅の食器などが割れていましたが、

甚大な被災は経験していません。

  

 

どんなジャンルのことでもそうですが、当事者が経験を語ることは大きな意義があると思っております。

 

戦争経験者や震災経験者が今後の平和や教訓のために経験を語るように

 

何かの病気や障害や立場の方が社会的認識を広めようとするように

 

私も自分が体験したことを これからも社会に還元していくことでしょう

 

 

語るのも自由 語らないのも自由

 

わたしはただ「語ることを選んだ多くの当事者の中の一人でしかない」のです。

 

最近そう、切に思います。

 

 

 

 

震災は「児童虐待を世の中に公表しようと決めた」2つの理由の1つでもあります。 

 

 

 

 

 

あなたの人生の真実を紐解きたい方は こちら

 

本日14時~17時受付で献血ルーム鑑定です

 

皆さん「こんにちは」筆談占い師しおりんです。

本日14時~17時受付で献血ルーム鑑定にお伺いします。

 

 

日曜日に確認してみたら累計鑑定件数が1000件を超えておりました。

今後も自分なりに努力して参りたいと思っております。

 

 

前回の鑑定では…

・ご本人の発言が数字の特徴を顕著に表している方が複数いました

・複数の方から同じ質問がありました

・数秘術そのものに興味を持たれた方がいました

・説明する度に笑っていた方がいました

 

男女比率半々だった気がします。性別関係なくバランスよく来てくれました。

 

 

image

 

本日もご縁のある皆さまとの出会いを楽しみにしております。

 

 

鑑定のお申込みお問い合わせはこちら

 

本日14時~17時受付で献血ルーム鑑定です

 

皆さん「おはようございます」筆談占い師しおりんです。

本日は私から1点お願いがあります。

 

ここ何回か

「上手く聞き取れませんので筆談をお願いします」

「単語がところどころ拾えましたが、全体的に聞き取れないので書いてください」とお願いしても

筆談に抵抗がある方が何人かいらしたので、自分の中で会話の状況が掴めず鑑定するのが苦しい時がありました汗

 

障害の特性を補聴器と口形の読み取りで補おうと努力しても限界がありますので、

お手数をおかけして申し訳ございませんが、

私の聞き取りが不十分な時は筆談にご協力ください。

 

 

 

前回の鑑定では

・これまでの人生の振り返りをされた方がいました

・数字を説明する度に笑い出す方がいて、私も楽しかったです

・リピート鑑定に来てくれた方がいました

・深い気づきを得られた方がいました

 

鑑定用紙の写メ・コピーはOKですので私にお申し付けください。

鑑定中にメモを取りたい方は取って頂いて構いません。

 

 

本日もご縁のある方との出会いを楽しみにしております。

 


 

ユング心理学では、普段私達が「自分で意識できる領域は、たったの3~5%」と言われています。
「残りの90%以上を占める無意識の領域に眠っているあなたの性質」を読み解くことで、

たくさんの人生の可能性が広がります。
 
紀元前6世紀の数学者・哲学者のピタゴラスが祖である数秘術は、
 皆様お一人おひとりの無意識に存在する才能を数字として読み取ることができます。

 
あなたの無意識の領域に在る人生の計画書を知ることで
「自分がどのような価値観や判断基準を持っているのか」を客観的に理解できます。

あなたの持つ葛藤や苦しみは、ご自分の価値観や世界観から生じるものです。
それが「実は自分の才能を輝かせるための経験」だとしたら
あなたが今まで苦しい・辛いと思って来た過去でさえも
そこに新しい解釈が生まれると同時に

「誰にも奪われることのないあなただけの人生のギフト」になることでしょう。
 
悲しみを癒す力も

苦しみを解放する力も

自分の足で立ち上がり前を向く力も 

 

全てあなたの中に すでに在るのです。